幼児からの親子性教育講座

子供の性に関する質問に
つい「なんでだろうね」と曖昧な返事をしてしまうあなたへ

自分のことを大切にできるようになる!
幼児期から学童期
親子性教育講座「性教育が自己肯定感を高める」

「わたしはどこから生まれたの?」
「私にはどうしておちんちんがないの?」

こうした子供たちの素朴な疑問も、親にとっては衝撃的な質問ですよね。

「とうとうこういう日がきたか。」と感慨にひたるまもなく、どんなふうに
答えたらよいのかあたふたしてしまった経験はありませんか?

幼少期から親子で性に関してOPENに話ができることで、
豊かな親子関係をはぐくむだけではなく
性犯罪に遭いにくくなる効果があるととも言われています。

親子にとって良いことばかりの性教育、はじめてみませんか?

こんな方におすすめです

子供がその時に感じた質問に対して、しっかりと正しいことを伝えてあげたい。

「うんち・おっぱい・ちんちん」など公共の場所で大きい声で言っている子供にどのように声を掛けていいのかわからない。

性犯罪に巻き込まれないように日ごろからなんでも話し合える親子関係を 築いていきたい。

わが子の防犯面が心配。

自分自身も相手も大切にできる子に育てたい。

この講座を受けることで、こんな効果が期待できます!

性の話もあるがままの親子の対話として楽しめるようになります。

自分の身体を大切に思い、自分と同じように他の人も大切にできる子になります。